徹底リサーチ☆給水方式の変更工事

ホーム > 給水方式変更工事の情報 > 給水方式の変更する工事を推奨している理由は

給水方式の変更する工事を推奨している理由は

 人がそこにいる限りは水がなければ生活はできません。
従って住居にしてもオフィスにしてもほとんどの建物には水道が敷設されています。
水道には上水道と下水道がありますが、上水道の場合には複数の給水方式が存在します。
戸建て住宅の場合には平均的に2階建てだし、一部都市部でもせいぜい3階どまりです。
しかも台所や風呂場やトイレや洗濯機などは1階が多いので直接給水方式がほとんどです。
しかしこれが集合住宅などビルになると話は一変してきます。
集合住宅ではかつてはほとんどの建物に受水槽なる巨大な水タンクを設置されていて、いったんそこに水をためて、そこから各部屋に給水していました。
これを受水槽方式と呼んでいます。
ビルの建物が3階くらいまでの低層な建物だと地上にある受水槽タンクから加圧ポンプで上階に送り届けています。
4階以上の建物になると水の圧力を高めても上階に届かないので加圧ポンプでなくて揚水ポンプで屋上の水タンクへ送り届けて、そのタンクから重力を利用して屋上よりも下の各部屋へ届けていました。

 今でも受水槽を設置しているビル建物はたくさんあるのですが、受水槽方式の場合は最低でも1年に1回はタンクの中の点検と掃除をしなければなりません。
というのは法令で決められているし、何よりも時折点検と掃除をしないとタンクの中がさらに汚れまくって生活用水に耐えられる水質ではなくなってしまうからです。
しかも掃除をしていても長年の経年劣化でタンク自体が腐食していくなどしてしまいます。
もちろんこの掃除や点検作業には多額のお金がかかります。
そこで各市町村の水道局では従来からの受水槽方式を廃止して給水方式を変更する工事を推奨しています。
ビル建物で給水方式の変更では受水槽を廃止し、地面に埋められている給水管から直接ビルの中に送り届けようと画策します。
3階くらいまでの建物の場合だと給水管内の水圧を高めて勢いで送り届けようとします。

 これは戸建と同じくおおまかには直接給水方式のうちに部類されるのですが、それの派生形として直圧直結給水方式とも呼んでいます。
しかし4階くらい以上になるとこのやり方では水が届きませんので、増圧ポンプで上階まで送り届けています。
これを増圧直結給水方式とも呼んでいます。
今頃の分譲販売している集合住宅は10階以上の高層階の建物が多いので、これに該当します。
たたしもっとも受水槽方式から増圧直結給水方式へ変更したからといっても増圧ポンプの点検修理作業をまったくやらなくていいというわけではありません。
なのでやはり何十年と経過すると増圧ポンプ自体の老朽対策も考えなくてはなりません。
ちなみに増圧ポンプは電気で稼働しています。
震災など大規模停電が発生したときに高層階の住人のもとへ水が届かなくなるのは増圧ポンプが停電で使えなくなるからです。

次の記事へ

先頭に戻る